沿革

昭和24年7月

東京都港区新橋において資本金30万円をもって 三浦忠太郎、株式会社萬善工業所を設立

昭和32年1月

資本金120万円に増資、麻布工場新設

昭和38年3月

資本金240万円に増資、万善工機株式会社と改称

昭和38年12月

資本金480万円に増資、三浦藤三郎代表取締役に就任

昭和39年10月

業務拡張に伴い本社ビル建設

昭和42年5月

埼玉県八潮市に第二工場用地2475㎡購入

昭和43年7月

資本金1,000万円に増資、八潮工場第一期工事着工

昭和44年3月

八潮工場操業開始

昭和47年5月

麻布工場の全機械設備を八潮工場に移設、麻布工場閉鎖倉庫とする

昭和50年4月

八潮工場倉庫145㎡完成

昭和58年4月

八潮工場塗装室に大型熱風式乾燥炉新設

平成元年7月

自己洗浄装置付ドラフトチャンバー実用新案登録

平成2年8月

八潮工場主要生産設備にメカトロ(NC)新鋭機械を導入

平成10年12月

三浦明宏代表取締役に就任

平成11年10月

ドラフトチャンバー簡易型洗浄装置特許取得

平成13年7月

ドラフトチャンバー ナビゲーションパネル(運転表示機能)搭載機種販売開始 メカニカルシャーM2545NCバックゲージ付増設

平成17年8月

八潮工場徒歩5分につくばエクスプレス八潮駅開業

平成24年6月

グローボックス/不活性ガス循環精製装置新シリーズ販売開始

平成24年12月

資本金4,000万円に増資

平成25年4月

開閉窓部風速制御装置付ドラフトチャンバー特許取得

平成26年1月

八潮工場移転・新工場操業開始

平成27年1月

不活性ガス循環精製装置付グローブボックス特許取得

平成29年1月

三浦俊宏代表取締役に就任